ココ 病院はこわい

ココちゃんをお預かりしたのは
去年の4月でしたからワクチンの時期は3-4月だったのですが
気になりながらもたもたしていたら
保護主さんから3月末のワクチンだったとの情報を頂き
遅まきながら先週病院に行ってきました。

1432204777794.jpg

予定では
・3種ワクチン
・爪切り
・血液検査(エイズ白血病を含む)
・検便

をお願いする予定でしたが

洗濯ネットを破いたり
カラーを抜けようとして首がしまったり
緊張しすぎで震えがきたり
しまいには失禁してしまい

「これ以上ストレスをかけるとかわいそう」ということになり
3種ワクチンのみにして頂きました。

1432204769932.jpg

これがトラウマになってまた人嫌いになったらどうしよう
と内心ひやひやしましたが
部屋に戻ると何事もなかったように伸びをして
水を飲んだりベッドでくつろいでいました。
撫でてもぜんぜん平気でした。

1432204759725.jpg

体重は4kgありました。
抱っこが出来ないので初めて量りましたが
最近見た目もちょっと太り気味だったので
やっぱりねーって感じです。

食べる量が特に多いわけでもないので
保護部屋のみで生活している運動不足が原因だと思います。
少しぽっちゃりのほうがかわいいのですが
健康面を考えると少し気になるところです。
スポンサーサイト

あんこちゃんのその後

猫カフェに戻ってからのあんこちゃんですが
断脚手術を終え、本格的に里親さん募集に入ったそうです。

経過記事はこちらから→(=^・^=)

抜糸も済んで猫カフェ MOCAさんで会うことが出来ます。
お近くの方で猫をお迎えになりたい方がいらしたら
是非会いに行ってあげてください。
3本足ですくっと立っている姿は清々しい様子で
これからきっと幸せに向かって歩いていけるでしょうね。
ちょっとの間でも触れあえて本当によかったです。


さて、わが家で預かりのココちゃんですが

ココ130

慣れるにつれて先住オス猫に目をつけられて
なかなか自由に行動が出来ません。
それでもひとりで部屋に閉じ込めたくないので
目の届く時間は室内フリーにして夜中はひとり部屋にしています。

他の猫がいないとわかると
部屋中を駆け回って遊んでいます。
じゃらすと子猫のように目をきらきらさせて遊びます。

白血病ウイルスキャリアのココちゃんに
じっくりと関わってくださる方を探しています。
病気のことにご理解あるおうち希望です。



九ちゃんですが

1416994945999.jpg

こんなに気のいい子なのになんで誰ももらってくれないの?
と、いつも家人に言われます。
原因ははっきりしていて単に募集力の問題だと思います。
子猫の頃は大きくなる前に!と気合が入っていた里親さん募集も
一歳を過ぎて大きくなってしまうと
そう焦る必要もないかーなどと気も大きくなって?おります。

お話がぜんぜんなかったわけでもありませんが
ご家族に猫が苦手の方がいらしたり
脱走対策をきちんとやってくださる様子がなかったりで
九ちゃんを安心してお任せ出来ないと思いました。
時間がかかっても安全で安心できる環境のお宅を探していきます。

甘えん坊で気がいい男の子らしい九ちゃんも
あたらしいおうちを探しています。

あんこちゃんのその後

猫カフェに戻ったあんこちゃんですが
生活の様子や今後のことを考えられて
少しでも足がまっすぐなるようにリハビリ入院したそうです。

うちに居る時も最初より神経が戻ってきていたし
マッサージもしていたので
出来ればこのまま元気でいて欲しいなと思っています。

それで、というわけではありませんが
白子基金のほうから今までうちで掛かった
あんこちゃんの医療費分を
猫カフェMOCAさんの「地域猫応援隊」に寄付させて頂きました。

総額は24,624円です。

「地域の猫と考える」のほうの口座から借りていた14、770円を
白子基金から戻しました。

それで差引107、884円が残高になります。
(白子玉111個売り上げ分を含む)

おかげさまで支援活動を続けていくことが出来ております。
これも白子のために皆様から寄せられたご支援のおかげです。
感謝の気持ちを忘れずに活動を続けて行こうと思います。

ここのブログは保護猫(傷病猫)をUPしていきたいので
これからは預かりの白血病ウイルスキャリアココちゃんと
公園に遺棄されて早や保護生活も1年を超えた九ちゃんご紹介を
折に触れてしていきたいと思っています。

どちらもあたらしいおうちを探しています。
よろしくお願い致します。

あんこ 2回目のワクチンと真菌再発

今週は2回目のワクチン接種でした。

1409367230063.jpg

元気で過ごしていたのですが
耳にぽつぽつ禿げが出てきたのでもしやと思って
念のために真菌のお薬も出して頂きました。

その後、経過をみているのですが
やっぱり真菌がぶり返している様子です。

治ったと安心してお部屋フリーにしていたので
先住猫もチェックしたところ1頭には間違いなく感染。
もう1頭も疑わしいので一緒にお薬を飲ませています。
お部屋も消毒し直しています。

でも当の本猫は

あんこ116

至って元気。
食欲旺盛、活発でいつも楽しそうに遊んでいます。

あんこ117

今日は晴れたので窓際に白子のベッドを置いていたら
ちゃっかりお昼寝していました。

お薬は10日くらい飲ませて様子をみてみます。



続きを読む

あんこ 用心のため

保護当時から真菌で1ヶ月近くお薬を飲んでいたのですが

あんこ76

なんとなくまた鼻の頭が禿げてきたので
念のため通院してきました。
8日分のお薬を出して頂きました。

あんこ72

いつも仲良しの九ちゃんには移っていないので
もしまだ菌が付いていても感染力は弱いのだと思います。
先生も健康な子には感染しにくいとおっしゃっていたし
これも免疫力が上がれば解決するのだと思います。

あんこ75

左手のことも四肢が不自由な患者さんの例など
お話を伺うことが出来ました。
これが正解ってものはないのでしょうが
あんこちゃんのことを理解してくれて
大事に飼って下さる里親さんが見つかるように
ひとつずつ問題解決していけたらなあと思います。

プロフィール

姫丸 まいこ

Author:姫丸 まいこ
傷病猫の保護や支援をしています。
にゃんもっくを制作販売して支援金に充てています。

ただいま、病気で亡くなった飼い主さんからのお預かり
20歳オーバー猫ミィさんのケアを頑張っています。


YouTube 動画

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
お持ち帰り用バナー
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

新しいお家の募集です
ペットのおうち
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR