10月の収支と保護猫のこと

今月は白子玉が21個も売れました。
編みぐるみの白子玉と合計4650円の売り上げです。
ちっぽけなおもちゃでもほんの150円ずつの貯金でも
続けていけばいつか何かの役にたつと思っています。

いつもひまひまに作りながら
白子が助けられた経緯を思い出しています。
見たこともない遠くの傷病猫に心を寄せて下さった方
見守ってくれた地域の方々
協力してくれたボランティアさんたち
白子を幸せにしようと努力して下さった里親さん
誰が欠けても白子は今なかったのだなあと
思いながら針を進めています。

ご協力ありがとうございます。


さて、感傷に浸ってばかりもいられないのです。


222
(TOPの白子のベッドからのはみ出し具合)


白子と一緒に育った九ちゃん。

223
(白子の陰に隠れて印象薄い)


こんなにかわいいのにお声がかかりません。
保護主の怠慢が原因だと思われます。すみません。

233


頭がいいので戸棚になにが入っているかよく覚えているし
すばしっこいし諦めが悪いし食いしん坊で
ちょくちょく叱られてるわるそー坊主。

仕切りたがりで先住からは煙たがられているし
猫関係の空気を読めない(読まない?)
人間の顔色はちゃんと読めるのに不思議。

でも大きな体で人にべったり甘えてくるので
きっと人間の2歳児を育てた経験のある方には
「ああー。そういうことねー^^」と
わかってもらえる可愛さです。

231
(あたらしいおうち募集中です)



スポンサーサイト

あんこちゃんのその後

猫カフェに戻ったあんこちゃんですが
生活の様子や今後のことを考えられて
少しでも足がまっすぐなるようにリハビリ入院したそうです。

うちに居る時も最初より神経が戻ってきていたし
マッサージもしていたので
出来ればこのまま元気でいて欲しいなと思っています。

それで、というわけではありませんが
白子基金のほうから今までうちで掛かった
あんこちゃんの医療費分を
猫カフェMOCAさんの「地域猫応援隊」に寄付させて頂きました。

総額は24,624円です。

「地域の猫と考える」のほうの口座から借りていた14、770円を
白子基金から戻しました。

それで差引107、884円が残高になります。
(白子玉111個売り上げ分を含む)

おかげさまで支援活動を続けていくことが出来ております。
これも白子のために皆様から寄せられたご支援のおかげです。
感謝の気持ちを忘れずに活動を続けて行こうと思います。

ここのブログは保護猫(傷病猫)をUPしていきたいので
これからは預かりの白血病ウイルスキャリアココちゃんと
公園に遺棄されて早や保護生活も1年を超えた九ちゃんご紹介を
折に触れてしていきたいと思っています。

どちらもあたらしいおうちを探しています。
よろしくお願い致します。
プロフィール

姫丸 まいこ

Author:姫丸 まいこ
傷病猫の保護や支援をしています。
にゃんもっくを制作販売して支援金に充てています。

ただいま、病気で亡くなった飼い主さんからのお預かり
20歳オーバー猫ミィさんのケアを頑張っています。


YouTube 動画

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
お持ち帰り用バナー
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

新しいお家の募集です
ペットのおうち
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR