ミィさん 1年間の思い出⑤

あんまり抱っこが好きじゃなかったミィさん。

1471655327481.jpg

おとなしく抱っこされていたのは最初弱っていた時くらいで

KIMG0437.jpg

たまにお膝に乗せてみると

KIMG0444.jpg

あんまりリラックスしてくれないし

KIMG0446.jpg

状況がわかっていない様子。


でも1年たってまた弱ってきたら

KIMG1189.jpg

身体をあずけて抱っこされてくれて

KIMG1034.jpg

誰に抱っこされても大丈夫になって

KIMG1032.jpg

うっとりしています。

KIMG1035.jpg

なんだか得意そうなミィさんです。


スポンサーサイト

ミィさん 1年間の思い出④

引き取ってきた当初は食欲がなかったミィさん。

1476349600644.jpg

療法食を食べるようになって
見違えるように体調がよくなりました。

1476349829214.jpg

やっぱり

1478754136949.jpg

ご飯って大事。

KIMG0284.jpg

いっぱい食べて

KIMG0889.jpg

少しでも長生きしてねって

KIMG0679.jpg

メッセージを込めて
送って頂いたご飯のすべてを

KIMG0484.jpg

ミィさんは死ぬまでに全部食べ切りました。

KIMG0487.jpg

随分食べたもんだなーと感心します。



ミィさん 1年間の思い出③

ひなたぼっこしながらお昼寝のミィさん。

1476182342716.jpg

年寄りの猫って言うと
ずっと眠ってばかりのイメージだったんですが
ミィさんがこういうふうにゆっくり眠れる日はまれでした。

1477731598772.jpg

気持ちよさそう。

KIMG0264.jpg

先住猫のベッドにこっそり。

KIMG0280.jpg

こんな姿をいっぱい見たかったんですけど
ほとんどの時間、ミィさんはぐるぐる反時計回りに旋回していましたね。
認知が進んでいたそうです。

ゆっくり眠れた日のお昼寝の記録です。




ミィさん 1年間の思い出②

自分で毛繕いが出来ないミィさん。

1471655340469.jpg

血行促進も兼ねて毎朝蒸しタオルで拭いて
乾いたタオルで二度拭きしてました。
どうしてもおしっこがついてしまうようなんです。
うっすらおしっこ臭くなってかわいそうでした。

1473830136797.jpg

おむつも試しましたが

1473830150164.jpg

こんなに曲がったしっぽなので
穴に切り込みをいれたりと工夫しましたが
あまり快適でもなさそうだったので止めました。

1473258476908.jpg

目が見えないので先住猫のエリアに
おかまいなしに入り込んでしまいます。
よく怒られて時には叩かれたりしましたが
ミィさんはきょとんとしていました。
猫と暮らしたことがなかった様子です。

1471962786565.jpg

でも自分でお水の位置もわかるし

1474006481277.jpg

お気に入りの場所を探して
部屋でくつろぐ事も出来ました。

1474359588319.jpg

おりこうさまでしたよ。

ミィさん 1年間の思い出① 

カテゴリーに「ミィさん」を追加しました。
ミィさんは身寄りのない飼い主さんがホスピスに入るため
愛護センター持ち込み寸前で引き取った猫です。


1469416789084.jpg

去年の夏にうちに移動してきたばかりのミィさん。

ご飯も食べずトイレにこもっていましたが
目も見えず突然知らないところに連れてこられて
さぞや怖かったことと思います。

20年間一緒だった飼い主さんとお別れする時
ありえないくらいの大音量でごろごろ喉を鳴らしました。
以来、そんなごろごろは聞いたことがありません。
それを聞いた飼い主さんが感極まって泣き崩れた姿も
なんだか昨日のことのように思い出されます。

1469599773767.jpg

かわいがられていたはずなのに
酷い脱水とノミ、おなかの虫、身体には大きな腫瘍。
病院で点滴を入れ処置をしていただくと食べるようになりました。

飼い主さんの年齢と生活環境を考えると仕方なかったのかな。
それでも猫が死ぬまで入院したくないと
猫を思う飼い主さんの愛情がだんだんと早く猫が死んでくれれば、と
飼い主さんを囲む人たちも願うようになって
ついには処分を考えてしまった。

それを哀れと思ってくれた人が繋いでくれたから
ミィさんはうちで第二の猫生を始めることになりました。

1469534361781.jpg

耳も聞こえてないことに気が付きました。
歯もありません。
こんなになんにもない猫にあったのは初めてです。
お互いにわからないことばかりでした。

続く・・・。
プロフィール

姫丸 まいこ

Author:姫丸 まいこ
傷病猫の保護や支援をしています。
にゃんもっくを制作販売して支援金に充てています。

ただいま、病気で亡くなった飼い主さんからのお預かり
20歳オーバー猫ミィさんのケアを頑張っています。


YouTube 動画

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
お持ち帰り用バナー
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

新しいお家の募集です
ペットのおうち
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR