ココちゃん 家族みんなに見守られて

昨日の22時頃、亡くなったそうです。

11月の頭から食欲が無くなって
検査をして頂いたら
骨髄で作る血液が作る以上に壊されていて
白血病が発症していたそうです。

!cid_01@161116_073332.jpg
(なにも出来ないのでご飯を送らせてもらいました)

4kgあった体重は半分近くに痩せてしまって
せめてなにか口にしてくれないかと
一生懸命手を尽くしてくださいました。

お手紙のやり取りも心こもったもので
ああ、このお家にココちゃんが迎えられてよかった。
最後まで大事にされてよかった。

会いに来てくださいって言われたんですけれど
ココちゃんは怖がりだったし
気分が悪い時に知らない人が来たら
ストレスになるんじゃないかって思って行きませんでした。

落ち着いたら手を合わせに行こう。

猫アパートで怖がりに育って5歳で保護され
我が家で2年間人馴れ修行しました。
ココちゃんがかわいいと言ってくださるご家族に出会えて
8ヶ月の間、のびのびと過ごすことが出来ました。

ただ一匹の猫でしたけれど
かけがえのない一匹でした。

ひだまり色のあたたかい猫でした。
こっちゃん、大好きだったよ。



ココちゃんは幸せそうです

白血病のココちゃんのお家からは
定期的にお便りが寄せられています。

!cid_01@160821_092747.jpg

すっかり家猫らしくなって
落ち着いててかわいらしい様子が嬉しいです。

!cid_01@160822_051211.jpg

3匹になってリーダー格になっているココちゃん。
優しい子でしたからいいお姉ちゃんになっているんでしょうね。

!cid_01@161013_074617.jpg

先住さんもいて新入りさんもいて
ココちゃんの生活がますます豊かに楽しくなっています。
いいお家にもらわれてよかった。
諦めずに新しいおうちを探して本当によかった。

ココちゃんの話題は
未だに我が家の食卓に上ります。


解決しました。アドバイスありがとうございました。
※サイドバーには未だにココちゃんを預かっていると書いてますが
サイドバーの更新がうまく出来てないだけで
ココちゃんは自分のお家でちゃんと暮らしています。
サイドバー変更出来るように調べていますが???なんです^^;
すみません。

老齢猫を預かりました

今まで猫を何匹か保護してきましたが
そのほとんどが子猫で譲渡対象でしたし
大人猫でも若い猫ばかりでした。

ところが今回は人間でいうと100歳くらいの
おばあちゃん猫の預かりです。

経緯はこちら→独居老人の入院で残された猫

1472607576361.jpg

盲目で腎臓もステージ4、肝臓の値も悪いです。
歯はほとんどありません。

ほどなく飼い主さんが死亡。
猫は誰のものと決まらないまま残されました。

保護したからには最低限の医療は施してやりたいと思うわたしと
このまま弱って死ぬのを待つか
愛護センターで処分したいという飼い主の知人との間で意見が分かれ
医療費や餌代などの経費の一切は
これからこちらで賄わなくてはならなくなりました。

1472607589061.jpg

それでプールしていた白子基金を
今後の老猫ミィさんにかかる経費として
使わせて頂こうと思います。

今回、4万円を白子基金から地域猫の会計に移しました。
白子基金の残高は
72594円ー40000円=32594円になります。

ペットシーツなどの消耗品や
療法食などをまとめ買いしたので経費がかさみましたが
今後は医療費がメインになってくると思います。

1472607607181.jpg

白子の時は生かすため、将来のための資金でしたが
今回、ミィさんの終活のために
白子基金を使わせて頂けることに感謝しています。

今後ともよろしくお願いいたします。





白血病の猫たち


!cid_01@160715_105307.jpg

ココちゃんの近況です。

先住のルチルくんとはすっかり仲良くなったそうで
猫団子の写真が送られてきました。

お家では好きなところで好きなように
のびのびと生活しているそうです。
少し太ったとか。

そして、同じ白血病の子猫が仲間入りしたそうです。
ルチルくんは最初はシャーっていいますが
ココちゃんともすぐに仲良くなったし
ココちゃんはもともと猫に優しいのできっと大丈夫ですね。

13718545_729358610540650_2304202558012917789_n.jpg
(知らない人がちょっと苦手なのは相変わらずみたいです)

3匹の白血病の猫を飼うのは大変って思うのか
思わないのかは人によると思いますが
なかなか出来ることではないかもしれません。

家にも白血病の猫がいますが
普通の猫と変わらない生活をしています。
でもやっぱり長生きは出来ないかもしれないと思うので
より大事に考えることが出来る気がします。
時間じゃなくて密度が大事なのかもしれません。

先の記事で支援金を送ったローズちゃんが
預かりさんの元で今日亡くなりました。

1469019415019.jpg


保護主さんにも最後まで甘えていたそうで
とてもお辛そうでしたが
きっとずっと大事に思ってくれることでしょう。
わたしも忘れません。


白血病のローズちゃん

保護活動繋がりで
先月から白血病の保護猫の相談に関わっていました。

白血病のローズちゃん

せっかく保護されたのに
発症してしまい抗がん剤投与することになったそうなので
白子基金から少しずつですが医療費を支援しようと思います。

預かりさんのブログ

本日、5000円を白子基金から振り込みました。
それで基金の残高が77594円から72594円になりました。

o0480036013690538781.jpg

どれくらいの期間、どれくらいの費用がかかるかわかりませんが
保護主さん、預かりさんが協力されて
手を尽くしてくださるそうでありがたく思っています。


プロフィール

姫丸 まいこ

Author:姫丸 まいこ
傷病猫の保護や支援をしています。
にゃんもっくを制作販売して支援金に充てています。

ただいま、病気で亡くなった飼い主さんからのお預かり
20歳オーバー猫ミィさんのケアを頑張っています。


YouTube 動画

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
お持ち帰り用バナー
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

新しいお家の募集です
ペットのおうち
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR